サイトアイコン コンサルティングサポート

生命保険【独身でも生命保険入った方がいい?】

広告

 登場人物紹介生命保険【生命保険の仕組】をご参考ください

結論

:塾長、独身でも生命保険入った方が良いかなぁ・・。

:結論からいうと、終身保険に加入した方がいいですね

でも、ぶー太郎兄ちゃんは独身だから万一があっても経済的に困る人いないから必要ないとおもうけどなぁ。

:いろいろな考え方がありますが、生命保険の仕組みから考えると私は1歳でも若く終身保険に入っておいた方が良いと思いますので今回はその理由を説明しますね。

塾長がそう考える理由

:下記はあるA生命保険会社の終身保険の表です。30歳男性が払込期間60歳までの死亡保険金額500万円の終身保険に入った場合と、同条件で40歳男性が払込期間60歳までの終身保険に入った場合の比較表です。

毎月の保険料 払込総額 60歳時解約返戻金 70歳時解約返戻金
30歳男性 11,920円 4,291,200円 4,004,000円 4,330,500円
40歳男性 18,500円 4,440,000円 4,004,000円 4,330,500円

:ここでのポイントは、生命保険は1歳でも年齢を重ねると保険料が高くなることは殆どの人が知っていることだと思うのですが、払込総額も上がることを知っている人は少ないんじゃないかなと思います。つまり、30歳の人は60歳‐30歳=30年間保険料を支払うのに対し、40歳の人は60歳‐40歳=20年間と短くなるにも関らず、払込保険料の総額は多くなるということです。

払込保険料総額
30歳男性 11,920円×12ヶ月×30年=4,291,200円
40歳男性 18,500円×12ヶ月×20年=4,440,000円

:塾長、表を見て気づいたことがあるんだけど、解約返戻金については、30歳で加入しても40歳で加入しても同じなんだね。

:たー坊さん良いところに気づきましたね。解約返戻金は生命保険会社からすると責任準備金と言って、終身保険の場合、必ず人は亡くなりますのでその支払いに向けて準備しておかなくてはいけないお金なのですね。ですから、30歳で加入した人も40歳で加入した人も、60歳の時点で生命保険会社が準備しておかなくてはいけないお金は同じになるということなのです。

:難しくて良くわからないけど、差額は生命保険会社が運用して穴埋めしてるということ?

:こー助さん、その通りです。30歳の人は10年間長く保険料を払ってもらえるので、その分運用できるということですね。

:これって、女性も同じなの?

:はい。女性は下記のようになっています。

毎月の保険料 払込総額 60歳時解約返戻金 70歳時解約返戻金
30歳女性 11,090円 3,992,400円 3,782,500円 4,136,000円
40歳女性 17,190円 4,125,600円 3,782,500円 4,136,000円

:女性の場合は払込総額も返戻金も少ないんだね。

:女性の方が平均寿命が長いので、その分生命保険会社も運用できる期間が長くなるため払込総額が少なくて済むということですね。解約返戻金も先ほど説明しましたが責任準備金ですので、60歳や70歳の時点で生命保険会社が準備しておかなくてはいけない金額が少なくても男性と比べてその後運用する期間を長くとれる。ということですね。

:なるほど・・。60歳払込にしてるけど、50歳払込完了とかもできるの?

:はい。勿論、できますよ。30歳男性を例にとって最初の条件で500万円の終身保険に加入した場合の説明すると下記のようになります。

毎月の保険料 払込総額 60歳時解約返戻金 70歳時解約返戻金
60歳払込 11,920円 4,291,200円 4,004,000円 4,330,500円
50歳払込 16,695円 4,006,800円 4,004,000円 4,330,500円

:あっ、50歳払込完了にすると保険料は高くなるけど、払込総額は少なくなるんだ!

:でも解約返戻金は同じなんだね。

:そうですね。理由は上記の説明と被るのですが、保険料については、生命保険会社として早めに保険料を納めてもらうことで運用できる期間が長くなるからですね。解約返戻金については責任準備金の考え方ですから同じになりますね。

まとめ

:上記理由から、終身保険は1歳でも若く、1年でも短く保険料を支払った方が良いと私は思っています。人によっては結婚しないで一生独身の人もいると思います。その場合は老後に解約して年金として使ったら良いのではないでしょうか。今回は終身保険の仕組みを説明するために円での支払いで予定利率(生命保険の金利)が固定の終身保険で説明しましたが、支払いがドルになっていたり、変額保険と言って毎月支払う保険料を投資信託のように自分で運用できる終身保険もあります。2021年4月現在、予定利率が低いので固定タイプではない終身保険を選択した方が得策かと思います。あとは、保険会社からどのような条件で保険金を受け取ることができるのかです。死亡や高度障害の時に保険金が支払われるタイプではなく、がん・心筋梗塞・脳卒中等の3大疾病になったときに保険金を受け取れたり、入院した時に受け取れたりする保険もあります。ただ、生命保険会社や商品によって特徴がありますので詳しくは各生命保険会社にお問い合わせください。

生命保険は健康な時にしか加入できません。「一生涯生命保険に入らない」と決めるのであれば、それも価値観の違いなのでよいと思います。ただ、「いずれ生命保険にはいろうかな」と思うのであれば1歳でも若く健康な時に入った方が良いと思います。ただ、定期保険については終身保険と仕組みが異なりますのでご注意ください。定期保険についてはまた 次の機会に説明いたします。

 

モバイルバージョンを終了